2005年08月30日

新着−0830



1999年から2001年にかけてアメリカの公共ラジオ放送NPRでラジオ番組「National Story Project」でオースターが、アメリカ人に実話を投稿してもらい、その投稿すべてに目を通しおもしろいものを選んで朗読。人種差別、銃など、今日アメリカが抱える問題から、第二次世界大戦、ベトナム戦争といった過去の戦争が残した古傷まで、話題は多岐にわたった。
柴田元幸をはじめとする第一級の翻訳者による訳文を楽しみ、そして、CDでポール・オースターの朗読(=英語)を聞くことのできる贅沢な一冊です。本(217×156×13mm、232ページ)+CD2枚(63分、60分)


最後の瞬間のすごく大きな変化
グレイス ペイリー Grace Paley 村上 春樹 文芸春秋 (1999/05)
売り上げランキング: 244,458
おすすめ度の平均: 3
3 わかったような、わからなかったような。。。



「生きる」という権利―麻原彰晃主任弁護人の手記
安田 好弘 講談社 (2005/08/06)
売り上げランキング: 2,107



博士の異常な発明
博士の異常な発明
posted with amazlet at 05.08.30
清水 義範 集英社 (2005/08/19)
売り上げランキング: 12,136
おすすめ度の平均: 4
4 複雑な読後感





amazonなら1500円以上お買い上げで送料無料!





posted by maa at 15:30 | Comment(16) | TrackBack(0) | 新着本

2005年08月23日

新着−0823


久しぶりの新着です。
簡単にリンク生成してくれるamazletをつかってみたらわかり易い紹介文が簡単に出来ました。

ということで今日はちょっと多めの新着です。

憲法を変えて戦争へ行こう という世の中にしないための18人の発言
井筒 和幸 井上 ひさし 田島 征三
岩波書店 (2005/08/03) 売り上げランキング: 1,857
おすすめ度の平均: 3.31
5 9条を支持する人々の考えがわかった
5 何が問題になっているのか
4 日本もそろそろ…



ユリイカ 2005年8月増刊号 総特集 オタクvsサブカル! 1991-2005ポップカルチャー全史
加野瀬 未友 ばるぼら
青土社 (2005/08) 売り上げランキング: 2,120
おすすめ度の平均: 2.5
4 資料と読み物として
1 時機を失した雑な企画




大人の塗り絵―そのまますぐに塗れる、名画11枚付き (美しい花編)
P.J.ルドゥーテ 河出書房新社編集部
河出書房新社 (2005/04) 売り上げランキング: 383
おすすめ度の平均: 4
4 なつかしい塗り絵。
5 「大人の塗り絵」VS「塗絵倶楽部」
3 はまった「塗り絵倶楽部」とは似て非なるもの…




a girl like you 君になりたい。
渋谷 直角 佐内正史
マガジンハウス (2005/07/14) 売り上げランキング: 2,688
おすすめ度の平均: 4.83
5 きみになりたい
4 日本の女の子ばんざい
5 いいですね




ミナペルホネンのプリント
ミナ ペルホネン
文化出版局 (2005/07) 売り上げランキング: 2,214
おすすめ度の平均: 5
5 とにかく可愛い!




ニューデザインパラダイス永久コレクションブック

フジテレビ出版 (2005/01) 売り上げランキング: 2,317
おすすめ度の平均: 5
5 良質なTV番組の記録としても貴重
5 次のステップjp



amazonなら1500円以上お買い上げで送料無料!

posted by maa at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着本

2005年08月09日

新着−0809


「最後の林檎」
野坂昭如 阪急コミュニケーションズ(2005/08) 1890円
戦後焼け跡の「飢餓」を原点に、日本社会の復興期、繁栄期、バブル期、ポスト・バブル期の流れをシカと見据え、一貫して「飽食」に警告を発し続けて来た著者の、ギリギリの提言。インターネットに公開したコラムをまとめた一冊。



「俺ルール!―自閉は急に止まれない」
ニキリンコ 花風社(2005/07) 1680円
自閉っ子のフシギな振舞いにはリッパな理由があった!
自閉脳の奥深さに迫る爆笑エッセイ。
「自閉っ子の頭には、どんなへんてこな『俺ルール』がひそんでいるかわからないというと。そして、自閉は急に止まれないこと。そのことを知ってほしくて、私はこの本を書きました。」
翻訳家で、幼い頃から周囲との違和感を感じながら育ち、30代になってアスペルガー症候群(知的面・言語面での遅れを伴わない自閉症スペクトラム)と診断された著者が自閉の内側を語っています。


「全日本食えば食える図鑑」
椎名誠 新潮社(2005/07/28) 1470円
流れ落ちる冷や汗、しびれる舌、逆流する胃液。あの快著『全日本食えばわかる図鑑』から20年。ゴカイ、ウミヘビ、イソギンチャク、ブラックバス……。そして思わず後退る名古屋食まで、地元の人だけが食べている謎の郷土食を探し、日本中をワシワシと食い進んだ食の冒険旅行記。第1回〈全日本麺の甲子園大会〉も収録。


amazonなら1500円以上お買い上げで送料無料!





posted by maa at 02:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着本

2005年08月01日

新着本−0801


「東京DOLL」
石田衣良 講談社(2005/07/29)  1680円
dollわたしは、恋する人形。
マスター・オブ・ザ・ゲーム=MGとよばれる天才ゲームクリエイター。背中に濃紺の翼(タトゥ)をもつ少女ヨリが彼の孤独を変えてゆく――。
東京の今、恋愛のミライ。
「ねえ、MG。人形はどうするか、知ってる。人形はうんともてあそばなきゃいけないよ」
青く透明なビルと虚ろさが混在する東京湾岸――石田衣良がハードにシャープに描くパーフェクトな人形に恋をした男の物語。



「ユーターン」
立岩正子  新風舎(2005/07)  1365円
臨床心理士めざして、現在大学で勉強中。物を書く以外にも絵を描いたりデザインをしたり、写真を撮るわ曲は作るわ、創作活動が人生の中心のハタチの作者が描く本作。
やさしくも脆く、歪んだ人間関係に深く傷ついた少年たちの“心の闇”を鋭く描いた長編小説。〔精神病棟〕を舞台に繰り広げられる、やさしく、脆く、たくさんの傷を抱えた少年たちの闘いの日々。心に潜む狂気を鋭く描いた、切なく哀しい物語



「生きているのは ひまつぶし」
深沢七郎  光文社(2005/07/22)  1680円
戦争でエネルギーを使うくらいなら、
セックスで消耗する方が
よっぽど気がきいてるよ。――『怠惰の美学』より

「深沢さんはアクマのようにすてきな人でした。ラブミー農場で、畑をたがやし、ブドウを育て、ギターをひいてくらしていました。そのじつ小説家なのです。深沢さんのすべての行動は小説につながっていくのです。
 この本に出てくる深沢ぶしは、深沢さんならではの処世訓です。ぼくは、そんな深沢さんを「オヤカタ」とよんで、いろんなことを学んできました。いま、ぼくが生きているのは、深沢さんの教えの教えのおかげです。」――嵐山光三郎(作家)



amazonなら1500円以上お買い上げで送料無料
posted by maa at 01:35 | Comment(1) | TrackBack(2) | 新着本

2005年07月30日

新着本−0729


「なで肩の狐」
花村萬月 新潮社(2005/06) 540円
元ヤクザの木常(きつね)は、神保町にある呑み屋のオヤジだ。ある日、現役の徳光からアタッシェ・ケースを預かる。二億円ほどの札束。組に黙って稼いだのだ。そいつは、とんでもない厄ネタだった。一週間後、さっそく凶刃に襲われる。幼なじみの女とその娘、舎弟の元力士を引き連れ、木常は、北辺の地を目指した。徳光の最後の願いを叶えるため。穢れなき雪原の中、壮絶な闘いの幕が上がる。


「偏愛文学館 」
倉橋由美子 講談社(2005/07/08) 1680円
急逝した作家、倉橋由美子が残した至高の言葉。
創作、その根源をたどり、著者が愛した作品だけを集めた、37篇、39冊の偏愛書評集。
夏目漱石、吉田健一、宮部みゆき、ジュリアン・グラック、ラヴゼイ……。古今東西39冊の「本」を取り上げた、倉橋由美子の手による私的書評集。最高のブックガイドとしてだけでなく、著者の作品世界、その背景までをも垣間見ることのできる究極の読書案内。

posted by maa at 01:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着本

2005年07月26日

新着本−0726


「海馬―脳は疲れない」
池谷裕二(著)、糸井重里(著) 新潮社(2005/06) 620円
「自分の頭は十分に使われていない」と感じたことはありませんか?頭をうまく使えなかったゆえに、損な目に遭ってしまったこと、ありませんか?あなたの脳のチカラは生かされないまま眠っているかもしれません。どんな年齢であっても、「脳は使い尽くせる」と気づきさえすれば、才能はいくらでも伸ばすことができるのです。自分は「カシコくない」と思ってしまっている人、必読です。
祝・文庫化!


「冲方式ストーリー創作塾」
沖方丁(著) 宝島社(2005/06/02) 1365円
「小説や物語が好きだし、なんとなく自分も書いてみたいけど一体どうすればいいの?」と考えているアナタ。
そんなアナタのために、今ライトノベル界でもっとも旬な作家“冲方丁”が一肌脱ぎます!
あの名作『マルドゥック・スクランブル』の書き方など、秘蔵のストーリー創作のテクニックや秘訣を初公開。



「DAIDO MORIYAMA 「Buenos Aires」」
森山大道 (写真) 講談社(2005/07/05) 6825円
森山大道氏が最も気になっていた都市、それが「ブエノスアイレス」。ヨーロッパの面影を残す市街を「光」とすればその背景には「影」としての混沌とした町並みが拡がる大都市を題材に、今MORIYAMAの強烈なインパクトを感じさせる写真集です。十数年撮っていないカラー写真を掲載した、ファン待望の魅力ある一冊。



amazonなら1500円以上お買い上げで送料無料!





posted by maa at 01:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着本

2005年07月12日

新着−0712


「人生には何ひとつ無駄なものはない」
遠藤周作(監修)、鈴木 秀子  朝日新聞社(2005/06/16) 630円
もう遠藤周作が亡くなってから10年だそうです。早いですね。12才のときにカトリックの洗礼を受け、以後カトリックを題材にした作品を多数残している遠藤周作。それとは別に軽妙なエッセイも忘れてはいけません。人生・愛情・宗教・病気・生命・仕事などについての選り抜きの言葉を集めた珠玉のアンソロジー。



「ぶち猫コヤバシ、とら猫タネダの禅をさがして」
アンリ・ブリュネル(著)、中原毅志(翻訳)  草思社(2005/06/29) 1575円
禅寺に預けられ、炊事、洗濯、掃除にお経と、修練を重ねた禅猫コヤバシ。小僧猫のタネダを供に、いざ修行の旅へ!
 雨に濡れ、腹をすかせて日本全国東へ西へ、遠く険しい禅の道。大ネズミと闘い、浪人ネコとにらみ合い、二匹がさがす「この世の真理」とはいかに──。



「THE ALBUM (1st)」
ビー・エヌ・エヌ新社 1st巻(2005/06/24)  2520円
セレクトショップ「BEAMS T」のプロデュ-スにより、豪華アーティストが参加した、CDアルバム付き『THE ALBUM (1st)』は、今までに無かった新しいかたちの作品集。アーティストたちがつくり出すビジュアルとサウンドを、連動して楽しむ事ができます。
参加アーティスト:坂本慎太郎(ゆらゆら帝国)/向井秀徳(ZAZEN BOYS)Mark Mothersbaugh(DEVO)などなど。
Tシャツはついてないのかな?


amazonなら1500円以上お買い上げで送料無料!
いまなら書籍3900円(税込)以上お買い上げで布製オリジナルブックカバーをプレゼント。



posted by maa at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着本

2005年07月08日

新着−0708


昨日の七夕、みなさんどうお過ごしでしたか?
東京でも天の川って見えるのかなぁ。

新着です。

「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」
リリー・フランキー 扶桑社(2005/06/28)  1575円
「en-taxi」に連載していた同タイトルの書籍化。著者初の長篇小説。
この雑誌で好きになった作家は数知れず。リリー・フランキーもそのひとり。名前は知ってるけど、おしゃれで胡散臭いイメージだった彼。対談やコラム、そして今回書籍化されたこの小説などを読むうち、彼の芸術に対する考え方、スマートな生き方、モノの見方に惹かれ好きになりました。
「人様に恥をかかせてはいけない」というオカン、ママンキーの教え、そしてボク。連載中少しずつ読んでいたわたしは、彼が彼である所以が、この愛にあふれた小説で分かりかけた気がしました。とても素敵な作品です。


「引っこしはつらいよ」
よしもとばなな 新潮社(2005/06)  500円
子供は商店街のある街で育てたい。そんな思いから始まった引越し計画は、銀行や不動産屋との理不尽な闘いのなかで進む。四十歳の誕生日を迎え、人に会うのを減らしてでも、書き物の時間を多少けずってでも、時間を家族にさきたいと思う。山積みの難問もひとつずつ解決していけば必ず道は開ける。へこたれそうになりながら信ずる道を進む母を、二歳の息子は初めて「ママ」と呼んだ。公式ホームページの日記とQ&A。


「イメージングリッチ 聴くだけでお金持ちになれるCDブック」
ジョイ石井 マガジンハウス(2005/06/16)  1575円
「聞くだけで英語が話せる」なら知ってるけど「お金持ちになれる」はちょっとびっくり。ジョイ石井って名前もきわどい感じ。でも、聞くだけでお金持ちになりたい。




「新しい世界地図―世界ニホン語的珍地名」
新しい世界地図製作委員会 アートン(2005/06)  1260円
「スケベニンゲン」(オランダ)、「エロマンガ」(オーストラリア)、「キンタマーニ」(インドネシア)、「シリフケ」(トルコ)、「キバルタイ」(リトアニア)… 世界各地の地名から日本語として読めるものを抽出し、「シモネタ」「あいづち」「新語」などの細かいテーマ別にマッピング。ニホン語的珍地名を満載した使うためではなく楽しむための新感覚世界地図帳です。なんじゃこりゃ。



amazonなら1500円以上お買い上げで送料無料!
いまなら書籍3900円(税込)以上お買い上げで布製オリジナルブックカバーをプレゼント。




posted by maa at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着本

2005年07月03日

新着−0703


「岡倉天心 日本文化と世界戦略」
ワタリウム美術館編集 平凡社(2005/06/26) 3990円
インパクトのある表紙に驚きました。ワタリウム美術館は岡倉天心に力を注ぎますね。
日本文化の神髄を広く海外へ伝えた、謎おおき美術家・岡倉天心の生涯と作品を、未公開資料や海外資料を蒐集、新たに掘り起こし徹底調査。通説を覆す、待望の岡倉天心研究読本。



「アンリミテッド:コム デ ギャルソン」
清水早苗編集 平凡社(2005/06/26) 5775円
待たせすぎーやっと発売になりました。
書店でぱらぱらっとしか見ていませんが、話題を呼んだHNKのドキュメンタリーを未放映分を含めて書籍化。しかもオールカラー!ギャルソンの魅力が見えてきます。




「TOKYO&KYOTO隠れ家喫茶店(カフェー)案内」
塩沢幸登 マーブルトロン(2005/06) 1680円
東京・京都の隠れ家的カフェをご紹介。いまだにカフェという言葉を使うのは恥ずかしい気がしますが、やっぱり好きです、カフェ。ゆるい音楽と低いソファと、おいしいコーヒー。そして一番のポイントは空いていること。これが難しい。素敵なお店は混んでいるものです。当たり前か…。


amazonなら1500円以上お買い上げで送料無料!






posted by maa at 08:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着本

2005年06月21日

新着−0621


「六〇〇〇度の愛」
鹿島田真希  新潮社(2005/06) 1470円
6000三島由紀夫賞受賞作
癒しがたい精神の傷を抱えて、女は長崎を訪れ、一人の青年と出会う――「虚無の向こう側に世界を作ろうとする小説」と、激賞された受賞作。28歳、文学の新鋭が描きあげた、魂の恋愛小説。→amazonへ



「ひな菊とペパーミント」
野中柊  講談社(2005/06/21) 1365円
初恋は、人生で一度だけの、たいせつな宝もの。
注目の作家・野中柊が贈るちょっとキュートな少女の世界。→amazonへ




「地虫鳴く」
木内昇  河出書房新社(2005/06/11)  2100円
ある日、土方は尾形に監察方の差配を命じた。探る山崎、進む伊東、醒める斎藤、そして惑う阿部……。時代の流れに翻弄される新選組にあって、「近代」に入っていこうとする、迷える男たちの行方は。書下ろし長編時代小説。→amazonへ


amazonなら1500円以上お買い上げで送料無料!



posted by maa at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着本

2005年06月06日

新着−0606

「フライ、ダディ、フライ」

金城一紀  角川書店(2005/05/31) 1150円
おっさん、空を飛んでみたくはないか?
いたって平凡な人生を歩んできた47歳のサラリーマン、鈴木一。妻と娘を大切に思い、築き上げてきた日常は、とある日、あっけなく崩壊した。その失意のさなかに、鈴木は奇妙な高校生のグループと知り合う…。→amazonへ
とまぁ、金城ワールド炸裂な作品です。
映画も公開間近!「フライ、ダディ、フライ」公式HP



「ディック・ブルーナ ぼくのこと、ミッフィーのこと」
ディック・ブルーナ  講談社(2005/04) 1470円
どうしたら、ブルーナさんのように夢を実現できるのですか?
50年のあいだ愛されてきた「ミッフィー」の作者、ディック・ブルーナ。世界の人気者、ミッフィーはどうやって生まれたの?その成功のかげには、どんな失敗や挫折があったの?そんな77の疑問に、ブルーナさんはひとつひとつ誠実に答えています。→amazonへ


















posted by maa at 18:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着本

2005年06月02日

新着−0602


【再告知】もうジュンク堂池袋本店は10時まで立ち読みできますよー。


今日は、河出書房新社5月刊行本特集になってしまいました…

「オペレッタ狸御殿」
浦沢義雄  河出書房新社(2005/05/31) 630円
チャン・ツィイー、オダギリ ジョー主演、鈴木清順監督、悲願の大作を伝説の脚本家、浦沢義雄が夢いっぱいの小説化。狸ヶ森に追われた美青年と狸姫の禁じられた恋は成就するのか。映画公開に向けて緊急刊行!→amazonへ

映画「オペレッタ狸御殿」オフィシャルサイト





「新アペリティフへの招待」
宇田川悟  河出書房新社(2005/05/26) 1575円
6月第1木曜日(今日!!)は「アペリティフの日」。日本にも浸透しつつあるアペリティフ(食前酒)を、フランスでの生活を経て東京に本拠を移した著者が、お酒・おつまみ・パーティ等を通して多角的に紹介。→ amazonへ






「レモンをお金にかえる法」
ルイズ・アームストロング   河出書房新社(2005/05/21) 1365円
コミカルな絵を楽しんでいるうちに、アッというまに生きた経済の仕組みがわかってしまう、大人も子供も一緒に楽しめる、すばらしい魔法の絵本!→amazonへ
「新装版 続・レモンをお金にかえる法」もあります。






「図解 永井荷風」
川本三郎、湯川説子  河出書房新社(2005/05/20) 1890円
永井荷風研究の第一人者による、荷風入門書の決定版。その生涯をたどり、多彩な作品世界を読み解くとともに、都市散策者としての魅力的な横顔にも迫る。孤高の文士の愛した世界が豊富な図版で甦る。→amazonへ






「竹久夢二のおしゃれ読本」
竹久夢二美術館、石川 桂子  河出書房新社(2005/05/13) 1575円
大正ロマンに彩られた、夢二流〈おしゃれ術〉を魅力あふれる図版・写真でご紹介。〈アンティークきもの〉の着こなしのヒントがいっぱい!! 時を経て甦る「真のおしゃれ」とは!? 憧れの〈夢二式美人〉お葉のポートレート満載。→amazonへ



amazonなら1500円以上で送料無料!




posted by maa at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着本

2005年05月31日

新着−0531


5月ももう終わりですね。新着です。

「女塚」
車谷長吉  作品社(2005/04) 1890円
車谷長吉初期作品輯−文学への烈しい初志−
4月に刊行されてました。初期作品集です。
わたしが初めて車谷長吉を読んだのは3年ほど前「塩壷の匙」で、言うに余るほどの衝撃を受けました。この頃(いや初期なのですからもっと前なのかもしれません)の作品を読めるなんて、作品社に感謝です。最後の私小説を発表した彼ですが、生きることの『むごさ』をもう一度味わうことができる一冊でしょう。→amazonへ



「炉辺夜話」
宮本常一  河出書房新社(2005/05/18) 1890円
近年再評価著しい“旅する巨人”民俗学者宮本常一の講演集。民衆の生活と文化についての知見と考察を惜しみなく発揮する愉しい読物。宗教、信仰、離島の文化、戦後の食べ物の話など、身近で深い内容を恰も囲炉裏端で聞くよう。 →amazonへ



「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」

武居俊樹  文藝春秋(2005/05/26) 1680円
天才アカツカの4大ギャグ漫画といえば『おそ松くん』『天才バカボン』『もーれつア太郎』『レッツラゴン』。その4作すべてを担当したのが、著者なのだ。
昭和41年、小学館に入社し、「少年サンデー」に配属されるや赤塚担当に。以来、平成13年に定年退職するまで、36年間の編集者人生を1人の漫画家に捧げ尽した男の本が面白くニャイはずがニャイのだ、ニャロメ!!→amazonへ


amazonなら1500円以上お買い上げで送料無料!
posted by maa at 18:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着本

2005年05月30日

新着−0530


「ポーの話」
いしいしんじ  新潮社(2005/05/28) 1890円
「ブランコ乗り」で大変な物語作家が現れたと話題になったいしいしんじさんの新刊。
無数の橋がかかる町。ゆるやかに流れる泥の川。大昔から川辺に住みつく「ウナギ女」たちを母として、ポーは生まれた――。善と悪、知と痴、清と濁の境目を越え、激しく胸をゆすぶる書き下ろし長篇。→amazonへ



「イソップ株式会社」
井上ひさし、和田誠(イラスト)  中央公論新社(2005/05/26) 1680円
読売新聞土曜日朝刊に「休日の朝、家族が一緒に読める物語」として連載されたもので、六年ぶりの小説。
夏休み、さゆりと洋介の姉弟に父から毎日届く手紙は一日一つの小さな「お話」。物語を通して生まれる新しい家族の姿を作り出す。→amazonへ




「スローグッドバイ」
石田衣良  集英社(2005/05/20)  480円
「涙を流さなくちゃ、始まらないことだってあるんだよ」。恋人にひどく傷つけられ、泣けなくなった女の子。彼女に青年の心は届くのか(「泣かない」)。上手に別れるため最後にいちばんの思い出の場所へいく。そんな「さよならデート」に出かけたふたりが見つけた答え──(「スローグッドバイ」)など普通の人たちの少しだけ特別な恋を綴った10篇。出会いから別れまでの一瞬一瞬をやさしく描く傑作短篇集。→amazonへ


amazonなら1500円以上お買い上げで送料無料!




posted by maa at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | 新着本

2005年05月27日

新着−0527


「60年代「燃える東京」を歩く」
ビートたけし、日高恒太朗、須藤靖貴、山崎 マキコ
JTBパブリッシング(2005/04) 1575円

安保闘争、新幹線開業、東京オリンピック、三億円強奪事件・・・。
日本中が盛り上がったビッグイベントから政治闘争、謎の迷宮入り事件まで、60年代に起きた15の出来事を社会・政治・経済・文化とさまざまな角度からアプローチ。事件の現場をたどるコースガイドや各年の世相・流行などを取り上げたコラムも充実し、60年代東京の真実にふれる一冊。→amazonへ


歌舞伎町ネゴシエーター
影野 臣直  河出書房新社(2005/04) 1365円
ヤクザ、闇金、ホスト、ポン引き…。魔窟・歌舞伎町の魑魅魍魎と戦い続けて25年、伝説の男が再び甦る! 日本最大のキャッチバーチェーン「Kグループ」を率いた闇の帝王が、裏社会の実態を赤裸々に明かすノンフィクション。→amazonへ



「総理の値打ち」
福田和也  文芸春秋(2005/04) 530円
伊藤博文91点、東条英機52点、吉田茂27点、田中角栄57点、中曽根康弘40点……では、小泉首相は? 歴代総理全56人を100点満点で徹底採点。揺るぎのない国家観、歴史観に裏打ちされた前代未聞の暴挙にして快挙。日本が向かっている道筋は繁栄か、それとも衰退か。4人の論客が真っ向からぶつかる「大闘論『総理の値打ち』」も収録。→amazonへ


amazonなら1500円以上お買い上げで送料無料!
posted by maa at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | 新着本

2005年05月24日

新着-0524

「眼の冒険 デザインの道具箱」
松田行正  紀伊國屋書店(2005/04/27) 2940円
デザイナーは「ものと形」の世界をどのように見ているのか?デザインの基本素材である点・線・面・立体が、そのデザインによって形と意味が多様に変化する。第一線で活躍するグラフィックデザイナーが、絵画や写真、ポスターやイラスト、文字などを使い、その手法・見方の実例を一挙公開。豊富な図版を愉しく眺めるうちに、「こんな見方があったのか!」と目からうろこの一冊!→amazonへ


「ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ」
高橋源一郎   集英社(2005/04) 2940円
現代の“ミヤザワケンジ”が描く24の物語。
もうひとつの「風の又三郎」や「注文の多い料理店」はどんなお話? 壊れた時間の住人たちがおくる、真夜中のヒットパレード。「すばる」で連載された「ミヤザワケンジ全集」がついに一冊になりました。→amazonへ


「空港にて」
村上龍   文芸春秋(2005/05) 420円
コンビニ、居酒屋、公園、カラオケルーム、披露宴会場、クリスマス、駅前、空港──。日本のどこにでもある場所を舞台に、時間を凝縮させた手法を使って、他人と共有できない個別の希望を描いた短編小説集。村上龍が30年に及ぶ作家生活で「最高の短編を書いた」という「空港にて」の他、日本文学史に刻まれるべき全8編。→amazonへ


amazonなら1500円以上お買い上げで送料無料!
posted by maa at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | 新着本

2005年05月20日

新着−0520

「植草甚一スタイル」
片岡義男、川本三郎、高平哲郎 平凡社(2005/05) 1680円
40歳で退社し、71歳で亡くなるまで、散歩とジャズと読書に明け暮れ、軽妙なエッセイを執筆。70年代の若者に圧倒的支持を得た、その自由で気ままな生き方は、今でも超カッコイイ。





「オールド京都ガイド」
ダイアン・ダーストン 講談社インターナショナル(2005/05) 2310円
ペーパーバッグです。





posted by maa at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着本

2005年05月18日

新着−0518

「虹」
吉本ばなな  幻冬舎(2005/04) 560円
吉本ばななによる旅シリーズ第4弾【タヒチ】
丈夫な心を持っているからこそ傷つくし、笑うことができるんです。→amazonへ




「日本の伝統」
岡本太郎  光文社(2005/05/10) 660円
法隆寺は焼けてけっこう」「古典はその時代のモダンアート」「モーレツに素人たれ」――創造であり、生きるための原動力でもあると主張する著者が、縄文土器・尾形光琳・庭園を題材に、日本の美の根源を探り出す。『今日の芸術』の伝統論を具体的に展開した名著、初版本の構成に則って文庫化。著者撮影写真、多数収録。解説は4月20日に急逝された岡本敏子さんです。→amazonへ


「片桐義子の花日記」
片桐義子  信濃毎日新聞社(2005/05) 1260円
花療法研究家。大病をきっかけに、植物の「気」特に花の「気」に注目して研究を始め、独自の花療法を体系化。→amazonへ



amazonなら1500円以上お買い上げで送料無料!


posted by maa at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着本

2005年05月12日

新着−0512

「花の名前」
高橋順子  小学館(2005/04) 2520円
詩人で、車谷長吉さんの妻である高橋順子さんのちょっと風変わりな花と暦の歳時記です。
立春・大寒といった一年を二十四等分した「二十四節気」をさらに三分し、一年を七十二等分したのが「七十二候」。ほぼ五日間ずつの自然の変化を「雀始めて巣くう」「桜始めて開く」などと漢詩の一節にこめたもの。そのおもしろい暦を縦軸に、そしてさまざまな花の呼び名を横軸に、季節の移り変わりと人々の暮らしや行事を追っています。



「人気ネットショップ店長セキララ奮闘記 ~わずか3ヶ月で立て直した業績回復術~」
水上浩一   ソフトバンクパブリッシング(2005/04/29) 2520円
なんと、月商1000万円でも赤字! どうして? 駆け出し店長(社長)がハマった落とし穴とは?――そして、わずか3ヶ月で黒字に転換。そのV字復活のポイント、極意はきわめてシンプル。ドキュメント版・「教わる技術」式業績回復法。



「アキバのディープな歩き方 アキバBlog 2005 SOFTBANK MOOK」
GEEK@アキバBlog   ソフトバンク パブリッシング(2005/04/30) 1575円
主要店舗の場所が分かるアキバMapと特別企画「メイド&レイヤーに合える店」「アキバショップセレクト」「アキバ系ミュージシャン情報」なども掲載されているから、初めてアキバに行く人も、毎日アキバに行く人も、アキバのお供はこの1冊で!


アマゾンなら1500円以上お買い上げで送料無料!






posted by maa at 01:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着本

2005年05月08日

新着−0508

「三島由紀夫が死んだ日 あの日何が終わり 何が始まったのか」
中条省平  実業之日本社(2005/04/16) 1890円
今年は、三島由紀夫没後35周年に当たるそうです。
それを記念して、神奈川県立近代文学館で回顧展が開かれています。→詳細



同時に、「三島由紀夫ドラマティックヒストリー」講座も開かれているようです。

5/ 8(日)島田雅彦「多面体・三島由紀夫」
5/15(日)辻井喬「三島由紀夫と私」
5/22(日)高橋睦郎「小説家三島由紀夫の死の意味」
5/29(日)猪瀬直樹「三島由紀夫という作家」

現在、5/22(日)高橋睦郎さんの回のチケットしか残っていないようです。
気になる方はお早めに。


「千葉麗子のスタイリッシュヨーガバイブル」
千葉麗子  学研(2005/04) 1000円
こんどはヨガかー。流行をキャッチして発信するする才能に長けてるんですね。芸能人辞めて正解?って辞めてるのかな彼女。渡辺満里奈とどっちが目利きなんでしょうかね。





「大橋歩コレクション2くらしの一日一日 大橋歩コレクション (2)」
大橋歩  マガジンハウス(2005/04/14) 1260円
あらあら、
同じ日に(2)も出てました。






「大橋歩コレクション3ふつうのおいしい 大橋歩コレクション (3)」
大橋歩  マガジンハウス(2005/04/14) 1260円
(3)もありました♪






posted by maa at 15:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着本

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。