2005年07月12日

新着−0712


「人生には何ひとつ無駄なものはない」
遠藤周作(監修)、鈴木 秀子  朝日新聞社(2005/06/16) 630円
もう遠藤周作が亡くなってから10年だそうです。早いですね。12才のときにカトリックの洗礼を受け、以後カトリックを題材にした作品を多数残している遠藤周作。それとは別に軽妙なエッセイも忘れてはいけません。人生・愛情・宗教・病気・生命・仕事などについての選り抜きの言葉を集めた珠玉のアンソロジー。



「ぶち猫コヤバシ、とら猫タネダの禅をさがして」
アンリ・ブリュネル(著)、中原毅志(翻訳)  草思社(2005/06/29) 1575円
禅寺に預けられ、炊事、洗濯、掃除にお経と、修練を重ねた禅猫コヤバシ。小僧猫のタネダを供に、いざ修行の旅へ!
 雨に濡れ、腹をすかせて日本全国東へ西へ、遠く険しい禅の道。大ネズミと闘い、浪人ネコとにらみ合い、二匹がさがす「この世の真理」とはいかに──。



「THE ALBUM (1st)」
ビー・エヌ・エヌ新社 1st巻(2005/06/24)  2520円
セレクトショップ「BEAMS T」のプロデュ-スにより、豪華アーティストが参加した、CDアルバム付き『THE ALBUM (1st)』は、今までに無かった新しいかたちの作品集。アーティストたちがつくり出すビジュアルとサウンドを、連動して楽しむ事ができます。
参加アーティスト:坂本慎太郎(ゆらゆら帝国)/向井秀徳(ZAZEN BOYS)Mark Mothersbaugh(DEVO)などなど。
Tシャツはついてないのかな?


amazonなら1500円以上お買い上げで送料無料!
いまなら書籍3900円(税込)以上お買い上げで布製オリジナルブックカバーをプレゼント。





人気blogランキングへ クリックお願いします♪
posted by maa at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5010959
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。