2005年05月30日

新着−0530


「ポーの話」
いしいしんじ  新潮社(2005/05/28) 1890円
「ブランコ乗り」で大変な物語作家が現れたと話題になったいしいしんじさんの新刊。
無数の橋がかかる町。ゆるやかに流れる泥の川。大昔から川辺に住みつく「ウナギ女」たちを母として、ポーは生まれた――。善と悪、知と痴、清と濁の境目を越え、激しく胸をゆすぶる書き下ろし長篇。→amazonへ



「イソップ株式会社」
井上ひさし、和田誠(イラスト)  中央公論新社(2005/05/26) 1680円
読売新聞土曜日朝刊に「休日の朝、家族が一緒に読める物語」として連載されたもので、六年ぶりの小説。
夏休み、さゆりと洋介の姉弟に父から毎日届く手紙は一日一つの小さな「お話」。物語を通して生まれる新しい家族の姿を作り出す。→amazonへ




「スローグッドバイ」
石田衣良  集英社(2005/05/20)  480円
「涙を流さなくちゃ、始まらないことだってあるんだよ」。恋人にひどく傷つけられ、泣けなくなった女の子。彼女に青年の心は届くのか(「泣かない」)。上手に別れるため最後にいちばんの思い出の場所へいく。そんな「さよならデート」に出かけたふたりが見つけた答え──(「スローグッドバイ」)など普通の人たちの少しだけ特別な恋を綴った10篇。出会いから別れまでの一瞬一瞬をやさしく描く傑作短篇集。→amazonへ


amazonなら1500円以上お買い上げで送料無料!






人気blogランキングへ クリックお願いします♪
posted by maa at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | 新着本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


ポーの話 いしいしんじ
Excerpt: 著者: いしい しんじ ポーの話 [詳細] その日、 衣替えした翌日だってのに雨が降ってて寒くって、 風邪はぶりかえしそうだし、ネイルは..
Weblog: 読書のススメ
Tracked: 2005-06-01 13:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。