2005年05月27日

新着−0527


「60年代「燃える東京」を歩く」
ビートたけし、日高恒太朗、須藤靖貴、山崎 マキコ
JTBパブリッシング(2005/04) 1575円

安保闘争、新幹線開業、東京オリンピック、三億円強奪事件・・・。
日本中が盛り上がったビッグイベントから政治闘争、謎の迷宮入り事件まで、60年代に起きた15の出来事を社会・政治・経済・文化とさまざまな角度からアプローチ。事件の現場をたどるコースガイドや各年の世相・流行などを取り上げたコラムも充実し、60年代東京の真実にふれる一冊。→amazonへ


歌舞伎町ネゴシエーター
影野 臣直  河出書房新社(2005/04) 1365円
ヤクザ、闇金、ホスト、ポン引き…。魔窟・歌舞伎町の魑魅魍魎と戦い続けて25年、伝説の男が再び甦る! 日本最大のキャッチバーチェーン「Kグループ」を率いた闇の帝王が、裏社会の実態を赤裸々に明かすノンフィクション。→amazonへ



「総理の値打ち」
福田和也  文芸春秋(2005/04) 530円
伊藤博文91点、東条英機52点、吉田茂27点、田中角栄57点、中曽根康弘40点……では、小泉首相は? 歴代総理全56人を100点満点で徹底採点。揺るぎのない国家観、歴史観に裏打ちされた前代未聞の暴挙にして快挙。日本が向かっている道筋は繁栄か、それとも衰退か。4人の論客が真っ向からぶつかる「大闘論『総理の値打ち』」も収録。→amazonへ


amazonなら1500円以上お買い上げで送料無料!


人気blogランキングへ クリックお願いします♪
posted by maa at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | 新着本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


60年代「燃える東京」を歩く
Excerpt: 軽い読み物なので先日の休みの日に バーッと一気に読みました。 「いつも心に60年代」を---。 最近、60年代を懐かしむテレビ番組や出版などが 相次いでいるようです。 戦後、企業戦士として我が国..
Weblog: 社長日記 - ムラウチの社長ブログ
Tracked: 2005-06-25 22:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。