2005年05月12日

19歳で監禁!地獄の15年…

先日放送されていた「ザ!世界仰天ニュース」正直驚きました。

19歳で監禁されたモロッコ国王の養女と、その家族8人の壮絶な物語…

政府高官の娘マリカは国王ムハンマド5世の養女となるのですが、実父が国王ハッサン2世の暗殺を企て失敗。実父は殺され、家族は砂漠に監禁されます。
そのときマリカ19歳、幼い弟はわずか3歳でした。陽もあたらず、ろくな食料も与えられず、虐待に耐える日々を15年間も送ることを余儀なくされたのです。
ここから生きて出るには脱出しかないとマリカは逃げ道となる穴を掘り始めます…。

絶句です。
こんな話がわずか十数年前に起ったというのですから、日本に暮らすわたしには想像もつきません。

そのマリカが書いた衝撃の半生を綴った本が出版されています。
フランスでベストセラー、モロッコでは発禁だそうです。



「砂漠の囚われ人マリカ」

マリカ・ウフキル、ミシェル・フィトゥーシ、香川由利子 (翻訳)
早川書房(2000/08)

1995円

アマゾンなら1500円以上で、送料無料!





人気blogランキングへ クリックお願いします♪
posted by maa at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。