2005年04月19日

新着−0419

「まだまだ。―いつも次の夢をみている」
中村小太郎  求竜堂(2005/04) 1575円
岡本太郎の唯一の弟子である中村小太郎さんの著。弟子を取らない岡本太郎のアトリエに毎日通いつめ、押しかけ弟子となった彼のはちゃめちゃ人生録。だってプロスキーヤーから岡本太郎の弟子になり、そしてヒデとロザンナの「愛の奇跡」の作詞までしてるんですから!!

みうらじゅん的映画祭で「宇宙人東京に現れる」が上映されます。
映画の中のUFOのデザインが岡本太郎なんです。その形はヒトデ型に大きな一つ目らしいですよ。気になる人は是非。
5/3(火)、20(金)、21(土)


「チャップリン再入門」
大野裕之  日本放送出版協会(2005/04)  693円
わたしは高校生のときチャップリンの伝記を読み、完ぺき主義者で頭がよくて、でも自分勝手でわがままでなんだか怖いなーという印象を持ち、チャップリンの映画を好んで観ようと思わなくなり、あまりちゃんと観たことがありません。再入門するいいチャンスかもなぁ。


「どこへ行っても美味珍味」
渡辺文雄  角川春樹事務所(2005/04) 672円
昨年急逝された俳優の渡辺文雄さんの、美味を求めて全国を歩き回ったグルメエッセイ集。
一関での本当に美味しいそば、北海道のウニ、江戸前天ぷら・今昔、富山湾の珍魚、ハモの刺身とハモのしゃぶしゃぶ、沖縄の海草……。




人気blogランキングへ クリックお願いします♪
posted by maa at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(2) | 新着本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


岡本太郎 鯉のぼり
Excerpt: 初節句のとき、アトムのためにと鯉のぼりを購入した。何か購入するときはいつもそう...
Weblog: 育児な手帖
Tracked: 2005-04-19 23:28

コメディ映画の謎
Excerpt: コメディ(喜劇)映画をいろいろ見ていると、ある“驚異的なこと”に気づく。 一般的に映画というのは、プロデューサー、監督、脚本家など、さまざまなスタッフがコラボレートして製作を進めていく。それ..
Weblog: オヤジライターが、もの申す!
Tracked: 2005-04-20 22:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。