2005年08月31日

抽選で100件に1件はタダ!?


9月に2回ある3連休の後半に旅行を計画しています。
そんなときに見つけたのが、この「100件に1件はタダ!?」という素敵な情報。


続きを読む
posted by maa at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年08月30日

新着−0830



1999年から2001年にかけてアメリカの公共ラジオ放送NPRでラジオ番組「National Story Project」でオースターが、アメリカ人に実話を投稿してもらい、その投稿すべてに目を通しおもしろいものを選んで朗読。人種差別、銃など、今日アメリカが抱える問題から、第二次世界大戦、ベトナム戦争といった過去の戦争が残した古傷まで、話題は多岐にわたった。
柴田元幸をはじめとする第一級の翻訳者による訳文を楽しみ、そして、CDでポール・オースターの朗読(=英語)を聞くことのできる贅沢な一冊です。本(217×156×13mm、232ページ)+CD2枚(63分、60分)


最後の瞬間のすごく大きな変化
グレイス ペイリー Grace Paley 村上 春樹 文芸春秋 (1999/05)
売り上げランキング: 244,458
おすすめ度の平均: 3
3 わかったような、わからなかったような。。。



「生きる」という権利―麻原彰晃主任弁護人の手記
安田 好弘 講談社 (2005/08/06)
売り上げランキング: 2,107



博士の異常な発明
博士の異常な発明
posted with amazlet at 05.08.30
清水 義範 集英社 (2005/08/19)
売り上げランキング: 12,136
おすすめ度の平均: 4
4 複雑な読後感





amazonなら1500円以上お買い上げで送料無料!





posted by maa at 15:30 | Comment(16) | TrackBack(0) | 新着本

2005年08月29日

夏休み


遅めの夏休みを取って、仙台秋保温泉に行ってきました。

といっても、旅館に泊まったわけではなく日帰り温泉。

続きを読む
posted by maa at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年08月23日

新着−0823


久しぶりの新着です。
簡単にリンク生成してくれるamazletをつかってみたらわかり易い紹介文が簡単に出来ました。

ということで今日はちょっと多めの新着です。

憲法を変えて戦争へ行こう という世の中にしないための18人の発言
井筒 和幸 井上 ひさし 田島 征三
岩波書店 (2005/08/03) 売り上げランキング: 1,857
おすすめ度の平均: 3.31
5 9条を支持する人々の考えがわかった
5 何が問題になっているのか
4 日本もそろそろ…



ユリイカ 2005年8月増刊号 総特集 オタクvsサブカル! 1991-2005ポップカルチャー全史
加野瀬 未友 ばるぼら
青土社 (2005/08) 売り上げランキング: 2,120
おすすめ度の平均: 2.5
4 資料と読み物として
1 時機を失した雑な企画




大人の塗り絵―そのまますぐに塗れる、名画11枚付き (美しい花編)
P.J.ルドゥーテ 河出書房新社編集部
河出書房新社 (2005/04) 売り上げランキング: 383
おすすめ度の平均: 4
4 なつかしい塗り絵。
5 「大人の塗り絵」VS「塗絵倶楽部」
3 はまった「塗り絵倶楽部」とは似て非なるもの…




a girl like you 君になりたい。
渋谷 直角 佐内正史
マガジンハウス (2005/07/14) 売り上げランキング: 2,688
おすすめ度の平均: 4.83
5 きみになりたい
4 日本の女の子ばんざい
5 いいですね




ミナペルホネンのプリント
ミナ ペルホネン
文化出版局 (2005/07) 売り上げランキング: 2,214
おすすめ度の平均: 5
5 とにかく可愛い!




ニューデザインパラダイス永久コレクションブック

フジテレビ出版 (2005/01) 売り上げランキング: 2,317
おすすめ度の平均: 5
5 良質なTV番組の記録としても貴重
5 次のステップjp



amazonなら1500円以上お買い上げで送料無料!

posted by maa at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着本

2005年08月17日

「河内カルメン」


「一期は夢よ、只狂え」

鈴木清順の映画を最近よく観ます。
上、鈴木清順のコトバ。かっちょえ〜。


続きを読む
posted by maa at 17:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2005年08月14日

「妖怪大戦争」


夏休みらしい映画もひとつぐらいいいじゃないかということで
雷の鳴り響くなか「妖怪大戦争」見てきました。

神木隆之介くんは演技上手だね。始終驚いてばっかりだったけど。



続きを読む
posted by maa at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(6) | 映画

2005年08月11日

アップルストアin渋谷


今日初めて行ってみました。

以前あったお店(ギャル系のショップだったような)がつぶれ、なにができるのかなと思っていたら、アップルストアでした。
公園通り沿いでパルコの向い側、iTMSジャパンの開始に合わせてオープン、やるなぁアップル。


続きを読む
posted by maa at 02:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年08月10日

「強く生きる言葉」



久しぶりに読了本の紹介です。

−読了−

「強く生きる言葉」

岡本太郎

「傍観者」
人生に命を懸けていないんだ。
だからとかくただの傍観者になってしまう。



鬼才岡本太郎が放つメッセージを岡本敏子さんが監修・構成したこの本は
パッとひろげたそのページと運命的な出会いができる一冊です。

花田清輝が「岡本太郎は金太郎飴みたいだ、どこを切っても岡本太郎だ」
といったとおりどの文章も一貫した哲学に基づく優しさやパワーが感じられます。

元気な人ももちろん、今なにかに迷っている人の道しるべになってくれる
一冊ではないでしょうか。


「生活」
ただ食えて、生命をつないでいるだけじゃ、辛いよ。
たとえ生活の不安がなくても、毎日が実に空虚だし、実際、むなしい。
何を自分はほんとうにやりたいのか。
そうなってからじゃ、もう遅いんだなあ。



続きを読む
posted by maa at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読了

2005年08月09日

新着−0809


「最後の林檎」
野坂昭如 阪急コミュニケーションズ(2005/08) 1890円
戦後焼け跡の「飢餓」を原点に、日本社会の復興期、繁栄期、バブル期、ポスト・バブル期の流れをシカと見据え、一貫して「飽食」に警告を発し続けて来た著者の、ギリギリの提言。インターネットに公開したコラムをまとめた一冊。



「俺ルール!―自閉は急に止まれない」
ニキリンコ 花風社(2005/07) 1680円
自閉っ子のフシギな振舞いにはリッパな理由があった!
自閉脳の奥深さに迫る爆笑エッセイ。
「自閉っ子の頭には、どんなへんてこな『俺ルール』がひそんでいるかわからないというと。そして、自閉は急に止まれないこと。そのことを知ってほしくて、私はこの本を書きました。」
翻訳家で、幼い頃から周囲との違和感を感じながら育ち、30代になってアスペルガー症候群(知的面・言語面での遅れを伴わない自閉症スペクトラム)と診断された著者が自閉の内側を語っています。


「全日本食えば食える図鑑」
椎名誠 新潮社(2005/07/28) 1470円
流れ落ちる冷や汗、しびれる舌、逆流する胃液。あの快著『全日本食えばわかる図鑑』から20年。ゴカイ、ウミヘビ、イソギンチャク、ブラックバス……。そして思わず後退る名古屋食まで、地元の人だけが食べている謎の郷土食を探し、日本中をワシワシと食い進んだ食の冒険旅行記。第1回〈全日本麺の甲子園大会〉も収録。


amazonなら1500円以上お買い上げで送料無料!





posted by maa at 02:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着本

2005年08月08日

イーブックオフ リニューアルキャンペーン


日本最大級ネット書店のイーブックオフがリニューアルしました。
いま会員登録すると、液晶テレビやネットウォークマンが当たります。


イーブックオフ、どこが変わったかというと…


続きを読む
posted by maa at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2005年08月05日

iTMS日本上陸!


とうとう黒船が上陸しました。

スキンやら拡張機能やらいろいろネットから落とし、自分だけのWinampに結構まんぞくしていたのですが、iPodを手にいれた折にiTunesにくらがえしてから早一年。もはやiTunesとiPodは手放せないアイテムになってしまいました。

そんなときに、iTunesミュージックストア日本版が登場です。ワーイ!



続きを読む
posted by maa at 02:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年08月04日

8月分 サイン会スケジュール


毎日暑くていやですね。
でもなぜか最近お好み焼きが食べたくて仕方がありません。

8月分UPします


続きを読む

「洒脱」



「洒脱」…俗気がなく、さっぱりとしていること。あかぬけているさま。



この言葉を知ったとき、まさしくこれはJ・J氏、植草甚一のことをいっているのだと思いました。

はじめて彼を知ったのは、「いつも夢中になったり飽きてしまったり」という番町書房からでていた本。(現在入手困難)

jj




続きを読む
posted by maa at 02:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | なにげない辞書

2005年08月01日

新着本−0801


「東京DOLL」
石田衣良 講談社(2005/07/29)  1680円
dollわたしは、恋する人形。
マスター・オブ・ザ・ゲーム=MGとよばれる天才ゲームクリエイター。背中に濃紺の翼(タトゥ)をもつ少女ヨリが彼の孤独を変えてゆく――。
東京の今、恋愛のミライ。
「ねえ、MG。人形はどうするか、知ってる。人形はうんともてあそばなきゃいけないよ」
青く透明なビルと虚ろさが混在する東京湾岸――石田衣良がハードにシャープに描くパーフェクトな人形に恋をした男の物語。



「ユーターン」
立岩正子  新風舎(2005/07)  1365円
臨床心理士めざして、現在大学で勉強中。物を書く以外にも絵を描いたりデザインをしたり、写真を撮るわ曲は作るわ、創作活動が人生の中心のハタチの作者が描く本作。
やさしくも脆く、歪んだ人間関係に深く傷ついた少年たちの“心の闇”を鋭く描いた長編小説。〔精神病棟〕を舞台に繰り広げられる、やさしく、脆く、たくさんの傷を抱えた少年たちの闘いの日々。心に潜む狂気を鋭く描いた、切なく哀しい物語



「生きているのは ひまつぶし」
深沢七郎  光文社(2005/07/22)  1680円
戦争でエネルギーを使うくらいなら、
セックスで消耗する方が
よっぽど気がきいてるよ。――『怠惰の美学』より

「深沢さんはアクマのようにすてきな人でした。ラブミー農場で、畑をたがやし、ブドウを育て、ギターをひいてくらしていました。そのじつ小説家なのです。深沢さんのすべての行動は小説につながっていくのです。
 この本に出てくる深沢ぶしは、深沢さんならではの処世訓です。ぼくは、そんな深沢さんを「オヤカタ」とよんで、いろんなことを学んできました。いま、ぼくが生きているのは、深沢さんの教えの教えのおかげです。」――嵐山光三郎(作家)



amazonなら1500円以上お買い上げで送料無料
posted by maa at 01:35 | Comment(1) | TrackBack(2) | 新着本

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。